もっちゃんの「enjoy custom」
1602063.jpg

M10-P1.25のフランジナット 材質はスチール
緩み止め付きで一般的にはUナットと呼ばれる物にレイデント処理をしました

左は車体から外したボルトなので少し汚れてます
どこのボルトかというと・・・
1508062.jpg

パドック クロモリアクスルシャフト

某カスタムパーツメーカー様のスイングアーム用アクスルシャフトをワンオフ
オーナー様より装着画像を頂きました ありがとうございます

このスイングアームは私のスポーツスターと同じOWチェーン引きと呼ばれるタイプ
シャフト径φ20でネジ部はM18が標準仕様  つまりシャフトが先細りになってます
それをM20仕様にしています
1508021.jpg

パドック クロモリアクスルシャフト 

精悍な黒いシャフトはレイデント仕様

以前はレイデント処理の中でもフッ素系コーティングするLSL-2Fだったのですが、現在は
パドック仕様とでも言いましょうか、一般の仕様と若干違います
違いは企業秘密で言えないですが、アクスルシャフトに適した仕様になっています
1507291.jpg

パドック クロモリアクスルシャフト

無電解ニッケルめっき仕様のアクスルシャフトです  フロント(右側)とリアです
パドック製アクスルシャフトは表面を研磨仕上げした後にめっき処理しています
また、中空の内壁も研磨してるのでピッカピカですよ~!
これが標準仕様です

鈴鹿8耐などはズババッとインパクトでシャフトの抜き差しをして素早くタイヤ交換します
それが出来るようにホイール&フォークのカラーを製作して、シャフトもリア用のような
フランジの付いた形状に作ります

人気ブログランキングにポチッと投票 いつもありがとうございます^^

応援クリック いつもありがとうございます!
1501091.jpg

2015年 納品1本目のパドック クロモリアクスルシャフトです

昨年末に送付されてきた国産車の純正フロントアクスルシャフトは中実でした
(純正も同じサイズで中実と中空があるそうです)

オーダーは中空で、あとはお任せ仕様との事でしたので、シャフト頭部の二面幅を拡大して
表面仕上げは下地に無電解ニッケルめっきを施してからレイデント処理しています

今年もパドック クロモリアクスルシャフトを宜しくお願いいたします

人気ブログランキングにポチッと投票 いつもありがとうございます^^

応援クリック いつもありがとうございます!
1411152.jpg

パドック クロモリアクスルシャフト  写真はレイデント仕様

気温も下がりもうすぐ冬ですね
冬といえば、カスタムの季節が到来ですよ~
乗る回数の減る冬はがっつりとメンテナンスしたり、カスタムするのに最適です(笑

例えばアクスルシャフトの場合、全長とシャフトの一番太いところ(右のシャフトの場合はフランジ径)
をお伝えして頂ければお見積りできますのでお気軽にお問い合わせください
テクニカルスペース パドック http://shop.paddock38.com

人気ブログランキングにポチッと投票 いつもありがとうございます^^

応援クリック いつもありがとうございます!
1409251.jpg

この写真だけを見たらいつものパドック製 クロモリアクスルシャフトなのですが
いつもとはチョッと違う

写真じゃ大きさが分からないですよね 
二面幅30mm フランジ径42mm シャフト径25mmの大きく&太いリアシャフトです
ではどこがいつもとチョッと違うのか  それは・・・
0407101.jpg

ブレーキキャリパー締結ボルトですが、思いのほか大好評^^
写真のようなブレンボのキャスティングには首下寸法40mmでOK!
パドックの品番だと RT-8040 です 

詳しくはブレーキキャリパー クロモリ締結ボルト レイデント仕様
ご注文はテクニカルスペース パドック

人気ブログランキングにポチッと投票 いつもありがとうございます^^

応援クリック いつもありがとうございます!
1406272.gif

タイトルの 「ステンレスボルトは改悪です」 ですがステンレスボルトがダメな訳ではありません
適材適所 使うところを間違えると改悪となるって話です
ブレーキキャリパーの締結ボルトを純正からステンレスに交換される方がいますが・・

ディスクブレーキ&キャリパーを縦割りにした図を書いてみました
右図はブレーキを掛けた時の様子です
ステンレスボルトに交換してると、ボルトが伸びてキャリパーが広げられてしまう事実を解りやすく
書いたので、キャリパーが左右離れる訳ないやん! って突っ込みは無しでお願いします

この様な事態が起こればブレーキが本来の性能を発揮できないのは容易に想像できます
原因はステンレスボルトの強度です
ボルト販売ページ(下記リンク)の一番下に詳しく書いています
http://www.eonet.ne.jp/~ts-paddock/cupbolt.html

純正は高強度ボルトが使われています つまりクロモリボルトです
それを不細工だからとか、錆びたとかでステンレスボルトに交換すると強度不足となるのです
ブレーキを掛けるとボルト強度が弱いが為に、キャリパーが左右に押し広げられてしまいます
よってディスクを挟む力が逃げてブレーキの効きが悪くなるという事です
1406264.jpg

パドック クロモリボルトの新商品 ブレーキキャリパー締結ボルト
レイデント処理が仕上がりましたのでいつでも発射OKです

太さはM8 長さは35mmと40mm
価格は35mmが690円  40㎜が700円 共に税別です

まだ販売ページに掲載していないので(早急につくります)ご注文の際には品名のところに
35mmはレイデント8035 40mmはレイデント8040と記載して頂ければ分かります
ご注文はテクニカルスペースパドックまで。

人気ブログランキングにポチッと投票 いつもありがとうございます^^

応援クリック いつもありがとうございます!