もっちゃんの「enjoy custom」
11751.jpg

CPCクイックカップリング

現在のCPCクイックカップリングは5年ほど使っただろうか  当然左側。
オス・メス共に弁の付いたタイプ。
割れてきたなどというトラブルは起こっていないが、仕様変更を兼ねて交換した

今回はL型を使う事にする  ホース内径は8mmなのだがL型に8mm仕様がメーカーに存在せず
仕方無しにドゥカティの純正と同じ物(10mm仕様) パドックでの品番 CPC-D-B を使う事にした


11752.jpg

これが今までの仕様だ  写真ではCPCが白飛びしてて綺麗に見えるが、本来は前の写真状態
車体右側にキャブレターがあるのでホースが90度方向を変え、前後シリンダーの間を抜けて繋がっている
ガソリンホースには耐熱のカバーが取り付けられているがシリンダーヘッドに接触してるのは気分の良い
ものではなく、前々から変更しようと思ってた (それから何年も経ったが・・

使用してるガソリンホースはツールカンパニー ストレートの店舗で切り売りしてる物
420円/メーターと安価だが十二分の性能だ 
CPCと同じく5年ほど使用したが、外気と接触しているホース切り口にひび割れが発生していたが
ホース中間での切り口を見ると新品常態と変わらない程だった


11754.jpg

これが変更後だ
前回まではタンク側にオスを取り付けていたが、今回はタンク側をメス(品番CPCM-8)とした
ワンウェイバルブのように取り付け方向の決まりがある部品じゃないので好きな方向でOK。

11756.jpg

ここでワンポイント! タイラップを縛る際にも少しだけ気を使おう
それは頭の部分を裏側に(見えないように)位置するようにしてスッキリさせる
まぁ 好きにすりゃエエんですけどね(笑

11755.jpg

外した古い方は捨てずに再利用 
今回の場合はタンク側にメスを取り付けたので、オスに短いホースを取り付けた物を使う
どう使うかといえば、コックからガソリンを抜く時だ。  CPCカプラーはどちらも弁付きを使ったので
分離するとガソリンは漏れないから、言い換えればガソリンが抜けない。
こんな時にこのオスを取り付けるとガソリンを抜くことが出来るという訳だ

CPCクイックカップリングを取り付けたらガソリンタンクを外すのが楽になりますよ~
分からない事があればお問い合わせ下さい  テクニカルスペース パドック

人気ブログランキングにポチッと投票 いつもありがとうございます^^
応援クリック いつもありがとうございます!
コメント
この記事へのコメント
負圧コックのマシンには、負圧ホースの途中にも(小径のヤツを)使うと便利さアップですよ。
2011/07/05(火) 22:13 | URL | YO'SHI~ [ 編集]
v-132YO'SHI~さん
XJ900を数秒で外装を剥ぎ丸裸に出来る事にCPCも貢献していますよね
2011/07/06(水) 13:40 | URL | もっちゃん [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
    ※広告と判断した場合は削除させて頂きます
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する