もっちゃんの「enjoy custom」
10321.jpg

ボクの99年式スポーツスターにはストーツのシングルシートが取り付けられてるので、シート下に
多少のスペースがある(画像上半分は小物入れ検討中の際に画像加工)

ストーツのシートステーにはETC車載機を導入する際に製作したアルミとドライカーボン板を使った
特製取り付けベースがあるので、そこにHIDのバラストやイグナイターを設置した


10322.jpg

一応 MotoGPマシン風 に取付けしたつもり(笑
配線作業をする時はボク以外の誰が見ても接続が分かりやすい事を目標にしている

HIDの配線だけを分かりやすくしてみた

10323.jpg

一番手前に緑で示した線(先日紹介したリレー配線)があります
バラストと繋ぐ方はリレーとカプラー間を短くカット。 もう片方はヘッドライトの中まで延長加工しました。
緑線は途中で黄線と分岐します。 これはハイ・ローの信号を送る線でHIDバルブから出るカプラーと接続。
赤線はHIDバルブに接続するメイン配線。 1メーターの延長ケーブルを使って前まで延ばします

10325.jpg

どうやれば配線を 目立たず メンテナンスしやすいように守れるかを考えてこの方法を思いついた

ストーツのタンクは中心を突き抜けるボルト1本だけで、支えはフレームに巻きつけられたゴムのみ。
このゴムを見直して製作し直した。 利用したのはホームセンターで売ってる防振ゴム
そしてこの縦と横に走る溝を利用して配線を取り付けた
ノーマルのタンクの場合は、タンク下に空間があり容易に配線できるのでしょうね

こうして見るとHIDの結線自体は非常に単純明解で簡単なのが分かると思います
これを可能にしてるのが例の別売りリレー配線です

赤線のHIDメイン配線がオイルタンクの真上を通す事にしたが、通すだけではオイルタンクの上に乗った状態となる。 スポーツスターのオイルタンクは普通のバイクでいう所のオイルパンなので走行中は熱くなる。 
配線の皮膜が溶けるなんて事にはならないが、何か対策を!と考えた。

10326.jpg

で、考えた結果がこれ。 ゴム板のサンダルを履かせました(笑

HIDその物を取り付けるよりも、それ以外の事に時間がかかったなぁ
あぁ~ 夜間走行が楽しみじゃ~ 

人気ブログランキング 応援クリック よろしくお願いします
応援クリック いつもありがとうございます!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
    ※広告と判断した場合は削除させて頂きます
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する