もっちゃんの「enjoy custom」
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

応援クリック いつもありがとうございます!
09851.jpg

ピストンをシリンダーに挿入した画像の状態で組み立てる事に。
YO'SHI~さんも同様の方法でXJ900を組み立てたし、グローリーホールの主治医にも薦められた
これだけを見ると難なく進んだように思えるが・・


昨夜 仕事を終えてから「ピストンを入れてみるか」 と あまり深く考えずに始めた。
トップリング セカンドリング エキスパンダー等々を徐々にシリンダー内へ沈める・・

何かメチャ抵抗あるぞ・・  それも尋常じゃない  固すぎる・・  
そう思った俺はピストンを抜き取った    シリンダーの内壁を見ると、問題なし  うぅ~ん・・  

考えても答えは出ないのでYO'SHI~さんに電話した  事の成り行きを説明すると電話口で笑ってる・・
「もっちゃん そんな事も知らんかったんか~」と言われるのかと思えば 「わしと同じ事してるわ」と(笑
YO'SHI~さんの場合はOZAWA R&Dの小澤さんに電話したらしい(爆

で、結論を言えば「こんなもん」なんだと分かったわけだが、ホンマにめちゃくちゃ抵抗ありまんねん!
ピストンが動く事にこんな抵抗があるのならブレーキが引きずってるだのフォークの動きがどうだのなんて
この抵抗に比べりゃどうでもエエわと思えるくらいですわ(笑
 
問題ないことを確認できたので、写真の状態からクランクに組み付ける

09852.jpg

両方のシリンダーが定位置に納まれば、もう少し続きをしたくなりシリンダーヘッドも載せた
ヘッドスクリューをマニュアル通りの指定トルクで締めつけて完了
当然の事ながらネジの潤滑(ワコーズ スレッドコンパウンド)も施し、トルク値も加減しています

09853.jpg

次の作業としてはロッカーベースの取り付けに進むけど、それを始めれば中断するタイミングを失うし
夜も遅いので(PM11:30)ここまでとした  この続きは今夜じゃない事だけは確かです(笑  

いつもありがとうございます 今日もお帰りの際には宜しくお願いしま~す♪

応援クリック いつもありがとうございます!
コメント
この記事へのコメント
いや~ほんとに、あの抵抗を体感してしまったら、もう、細かいことなんかどうでもええように思えてきますね。
2009/08/05(水) 23:59 | URL | YO'SHI~ [ 編集]
エンジン掛けるまで「ホンマに大丈夫なんか?」と思わすほどの抵抗っぷり!
あの部分に火が入りアクセルを捻ればドバババババッ と走る。 
エンジン燃焼のパワーって改めて凄いと思いました
2009/08/06(木) 10:51 | URL | もっちゃん [ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
    ※広告と判断した場合は削除させて頂きます
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。