もっちゃんの「enjoy custom」
1704131.jpg

フロント周りをカスタムしたり、他機種を流用したり。
カスタムを進めるとポン付け出来ない状況になることもあります

ディスクプレートを外側に出したい場合はこのようなプレートを挟む事になります
でも都合よく売ってるはずもなく・・・  さぁどうする!?

こんな時はお任せください  テクニカルスペース パドック に!!
素材はアルミ 表面処理は硬質アルマイト  

人気ブログランキングにポチッと投票 いつもありがとうございます^^

応援クリック いつもありがとうございます!
1702251.jpg

フォークやキャリパーを交換したり、ディスク径を変更した際に必要となるカラー
ラジアルマウントキャリパーの場合はカラーの高さだけで調整できるので簡単になりました

市販されてるカラーを使って、微調整が必要であればシムを使います
でもシムを使いたくない場合はワンオフ製作するしかないですね

そんな時はいつでもご相談ください テクニカルスペース パドック

人気ブログランキングにポチッと投票 いつもありがとうございます^^

応援クリック いつもありがとうございます!
1701202.jpg

2017年式のYZR-M1が発表になった

2007年にスポンサーがFIATになり白い面積が増えて最初は「何だかなぁ・・・」と思ってたのに
いつの間にか見慣れてしまい・・・w

それが2017年モデルで白かった部分も昔のように青くなって  めちゃエエやないか!!

俺の大好きな2004年 2005年を思い出すぞ!!
タミヤのプラモデルも作ってたなぁ~ と引っ張り出して記念撮影してみた
1701201.jpg

このカラーだと今年はイケそうな気がする(笑
ろっしふみ がんばって!


人気ブログランキングにポチッと投票 いつもありがとうございます^^

応援クリック いつもありがとうございます!
1612301.jpg

パドック クロモリ アクスルシャフト
CAGIVA(カジバ)の純正アクスルシャフトをお預かり&製作だったので、完成品と並べてみました

純正シャフトφ30部分の頭部が肉厚だった為、その肉厚を最適化して100gの軽量化となりました
また形状が二面頭でスパナしか使えないので六角頭にして整備性もアップ!

写真じゃ分からないですが、内面も研磨しています(パドックアクスルシャフトの標準仕様)
だから内面の頭部と軸部の段差も角じゃなくて丸くなだらかになってるんですよ~!

パドックのアクスルシャフトは量産の他メーカーアクスルシャフトよりは若干高価となりますが
手にした時はその金額差を埋めて余りあるだけの製品だと自負しています

1612302.jpg

人気ブログランキングにポチッと投票 いつもありがとうございます^^

応援クリック いつもありがとうございます!
1612141.jpg

パドック クロモリアクスルシャフト

同じ物を複数製作すれば価格はもちろん安くご提供できます
仲間を誘ったり、ショップでオリジナルシャフトなど。
お気軽にご相談ください

人気ブログランキングにポチッと投票 いつもありがとうございます^^

応援クリック いつもありがとうございます!
1612011.jpg

自転車にはホームセンターやネットのネジ屋さんで入手できない特殊なネジが使われてたりする

MTBのサスペンションに使われてたM8ボルトでピッチは1.0の専用ボルト
まずその辺では代替えとなるボルトは売ってない

傷の入った黒いボルトの材質はアルミ
六角穴は舐めて丸くなってしまってるし、ネジ山も怪しい・・・
それをステンレスで製作し、少しでも軽くなるように中空とした

ネジで困ったら テクニカルスペース パドック を思い出してください!

人気ブログランキングにポチッと投票 いつもありがとうございます^^

応援クリック いつもありがとうございます!
1611241.jpg

純正ナットと削り出し部品を溶接したワンオフナット
形状を見てドライブスプロケットのナットと気付いた方 正解です!

これを一体で削り出した物が欲しいとのオーダー
ついでにドリルドも施してもらいたいと。
周辺パーツを取り付けたら殆ど見えないのですが、そこはオーナーさんのコダワリ!

で、仕上がりました
うん! カッコイイ!ですね

人気ブログランキングにポチッと投票 いつもありがとうございます^^

応援クリック いつもありがとうございます!